味覚

iphone6
iphone6


材料は身体にいいもの(+)を使うと言うより
出来るだけ身体に不自然でないものを
使いたいが近い感じー。

出来上がったパンは
小さなブロックを薄くスライスして
1枚〜1枚半位を頂いてます。

以前に比べると味覚の記憶が
少し変わったからだと思うのですが
パン好きだった私も
その量で充分満足する様になりました。

生地がまとまり始めると
次第に弾力感が出てくる時の課程と
焼き上がりの瞬間が好きです。



朝焼きのパン

iphone6
iphone6


今日の朝はパン作りから始まりました。

糖質制限を意識しながら
食ベものを取るようになって
何を食べるかよりも
何を食べないかという事に
より意識が向くようになりました。
…と言っても
それもその時々で
極端な物でなければ今は
食べたい物を無理して食べないではなく
自分の感覚に従って少量を頂くようにしています。

長い時間をかけて身体に記憶された味覚が
新しく書き換えられるまでは
又、食べ物をそう必要としなくなるまでは
バランスを取りながら
そこに向かう課程を徐々に
楽しむのも良いかなぁと思っています。

…とパン好きだった私の言い訳かも知れませんが(^.^)

小麦粉を使ったパンはご飯同様
糖質分の高い食べ物ですが
血糖値が急激に上がらないよう
材料に工夫をしながら作っています。

今日はのパンは
自家製天然酵母と石引き全粒粉90%に大豆粉10%を合わせ
水は無農薬玄米から作った乳酸菌たっぷりの水素水?!を使って
無水鍋で焼いたもの。
うちにはオーブンが無いので鍋焼きにしていますが
食べる量も少量なので
ワンブロックの大きさも握りこぶしくらいで丁度いい感じ。
これを薄くスライスして頂きます。

ガス火で作った料理の味が柔らかい感じがするのと同じく
ガスで作ったパンの質は波動的にも優しく柔らかい感じがします。
(薪火がいちばん柔らかく感じるようです)

今日は味も固さもいい感じで仕上がりました。
次回は鉄鍋で試してみたいですね。





楽しみながら

iphone6
iphone6


先月の後半
久し振りにリフォーム関連のお仕事を頂いて
主にガラスサッシや出窓カウンターの
クリーニングをさせてもらいました。

いつも道具と洗剤は会社で用意をしてくれているのですが
今回は自前でミネランス粉石鹸の希釈液に水素水
写真の重曹ホイップをこっそり持参してみました。

自宅では充分その効果を実感しているのですが
現場での度胸試しというのでしょうかー
以前から思ってたのですが
皮膚や眼や鼻を通して入ってくる強力な化学薬品の
身体や脳へのダメージが少ない現場が
基本であるといいなと。

使う人も、その家(又は部屋)の持ち主も
環境や身体に優しいクリーニングを望む人って
実は結構いるのではないかと思っているのですがー。

残念ながら
強力な化学薬品のお世話にならないと
容易には取れない汚れも少なくないのですが
そういう場合も出来るだけ効率よく
短い時間で済むように意識工夫するだけでも
身体や環境へのダメージは少なくなります。

やはり汚れは深く根をはる前に
掃除出来るのがいちばんです。
放置しておくと経年と共に
強力な薬品を使う頻度が増えますものね。

これは意識の事と全く同じですね。

ちなみに写真の生クリームのような重曹ホイップは
作るのも楽しいですよ。
汚れがよく落ちます。
(アルミ製品には不向きです)

キッチン周りにも重宝です。


帽子

iphone 6
iphone 6

昨年の夏から
天然素材の帽子が欲しいなぁ…と思っていたけど
優先順位を潰していくと
んーいいなと思う帽子までたどり着かないー。
しかも見かけよりも頭のサイズが大きいので
試着してもサイズが小さくて
自分にハマるタイプがないのは昨年から期待が持てないとこでした。

天然素材で出来た夏場の帽子と言えば
以前は麦わら帽子が定番でしたが
最近はラフィア(ヤシ)で作られたものが主流なのかと思いきや
店頭で商品表示を見ると
天然素材とはなってるけどラフィアじゃない…
しかも思ってたより安い♪
素材はレーヨンやポリエステル、紙(ペーパー)で出来た帽子が
お買い求めやすいお値段で売られてました。
ユザワヤでもレーヨン素材や紙素材で出来る
扱いやすい材料として売られていて人気が高いようです。
後は編むだけなのですがー
やはりラフィアで出来た帽子がいいなぁと諦めきれずにいました。

先日、お友だちと伊勢丹の帽子売り場に立ち寄りました。
気になるラフィアの帽子はちょっとお値段が高めです。
でも、とても丁寧に編み込まれていて見とれてしまいました。
もちろん手編みなんだろうなぁとか
どんな人が編んだのかなぁとか
こんなに均一に編むのには
ラフィアをある程度加工してるんだろうなぁとか
色んなところに思いがはせました。

これはやはり作ってみようと再びユザワヤへー。
ところが手芸売り場にはラフィアはなく
以前包装用に買い求めたことのある
フラワー園芸品売り場にてラフィアを買いました。

ということで
編み始めまたのですが
結構大変な作業となってます。

天然素材なので幅が様々ー
切れないように優しく取り扱い
均一にしていく作業もさることながら
編むのには集中力が必要です。
もともと包装用で取り扱ってるものだから
覚悟はしてましたが…

途中まで編んでは、
やり直しを繰り返して4度目のチャレンジです。

少しズレたなぁと思ったら直ぐに解いて戻らないと
どんどん歪みます。
準備は最も大事な作業で丁寧さが必要です。
意識のことを言ってるようですね。

学びはどこにでもあるものだと感じています。


CD収納棚

仕事がオフ日の今日は、CD収納棚の仕上げと
余った端材でシンク下の棚を作ってみました。

CD収納棚は、見るからにオーソドックスな5段棚ですが、
茶色のワックスをかけて軽く磨いたら、一気に部屋の一角に馴染んで、
CDの整理が楽しみになりました。
今度は台所の食器棚の横に置く整理棚の制作を目指します。