もっと素直に

昨日も一昨日も仕事場で立て続けにミスをしました。

不明瞭な中での作業ではあったものの、少しの創造力と注意を払えば大丈夫だったと思う。

そんな時、夫とも些細な事で険悪な雰囲気に・・・ここ数日、感情の揺れが大きくて必死です。

共通するのはどちらも罪悪感を感じた瞬間に起こる自分のカモフラージュが問題でした。

気持ちとは裏腹な第三者的態度と物言いをして自らガッツリ壁を作ってましたね。

南瓜





優しい時間

今日はいただき物のラフランスを朝食に食べ、そのままバドミントンの練習で身体を動かしてきました。

久し振りの参加は身体に余分な負荷がかからないように、ストレッチと基礎打ちのみで充分でした。

法事でいただいたミニ羊羹を差し入れしたら、

AさんとOさんから手作りの美味しいシフォンケーキとオレンジジュースをいただきました。

今日はこれから試供品でいただいた母の好きな落雁を入れる箱作りに没頭します。

井の頭





予想外

今日から久し振りに催事に復帰しました。

長期休日でしばらく仕事場を離れてたこともあり昨日の夜から本格的な仕事再開には気が進まず

午前中に仕事の連絡を入れようとしたら仕事場関係のアドレスが全て消えてて動揺(^_^;)

ところが今日は意外にもリラックス状態で仕事をしてる自分に気づき、何だかあらら・・

しかも売れ行き好調で予定より2時間も早く上がらせてもらうという意外な展開にー。




帰省2

<あの時>
紅葉

連日の雨で色とりどりの枯葉がたくさん落ちました。

奥に見える建物は「市民会館」の入口ですー。

中学生の頃までだったかな?!習っていたピアノの発表会はこの場所でした。

ホールや楽屋裏が好きではしゃいでいた事を少し思い出しました。

楽屋裏は秘密部屋のような感覚がしたからかもしれないなぁ・・。



<盆地なので>
コンテナ

山々に囲まれたこの地域の冬は寒く

たまに冷下-30度以下になる事もあるのですが

ポータブル石油ストーブが消える時の臭いがダメで

一度だけ自分の部屋のストーブは点けずにひと冬を過ごした事がありました。

冷え込んだ日の朝、髪の毛端が自分の吐く息でまっ白く凍っていることもありました。



<チェーンソーアート>
遘九€€蜷榊ッЮconvert_20131105024313

このフクロウの木彫りの下には熊とキタキツネもいます。

森の木を切る道具チェーンソーで彫り上げた結構大きな作品ですが

小技が効かないような道具でこんな細部まで仕上げるってスゴイなぁ。

調べてみると割と全国各地で大会が開催されておりました。

故郷にはまだまだ知らなかったことがありそうです。



帰省

<駅にて>
帰省

朝10時過ぎに家を出て飛行機とバスと列車を乗り継ぎ、午後6時頃実家に到着-。

駅に車でむかえに来てくれた母はちっとも老けていないように感じられて少し驚きました。

今までの再会はいつも時の経過を見せられる胸が痛い一瞬だったからー。

2年7か月ぶりの再会は経過を飛び越え何事もなかったようにスルリと動き出しました。

それにしても長時間の移動は結構エネルギー使います。



<ゆるやかな時間>
帰省

これの前にも書いたけれど、帰省翌日は大根掘りの手伝いをしました。

写真の大根は収穫した大根の合間で成長しきらなかったミニミニ大根ー。

普通はそのまま採らずに雪が降りシバれておしまい になってしまうんだけど

小さいながら身も葉っぱもシャキッと立派な姿がとても可愛らしくて

持ち帰り葉っぱごと塩漬けにして夜の食卓へデビュー。



<動いてます>
帰省

帰省中に夫の叔母が亡くなったと連絡が入りました。

色々思うところはあったけど、そのまま滞在は継続することにー。

滞在中は雨やぐづついた曇り空が続き、時折晴れ間が見えるものの不安定なお天気。

天気が象徴するかのように連日体調悪しー。

強い眠気の後は骨盤と腰の痛みが3日程続き「参ったなぁ~」



<町の空気を感じながら>
カフェ
カフェ

この日は少し離れた隣町の温泉に行って来ました。

バイオマス燃料を使った温泉の入口は木のいい香りがしていました。

この温泉のある小さな町は一見して何の変哲もないところなのですが

ここ数年、森林事業などで町独自の取り組みをしている興味魅かれる場所なんです。

写真は途中立ち寄った「えっ、こんなところに・・」と思われる場所にあった町外れのひなびた?!カフェ。