まだまだこれから

仕事を辞めてからもう少しで1か月とは早いなぁ。

1月中は仕事の残務整理や、夫の実家の事、家の整理等々それなりに忙しいとはいえ

自分ひとりと向き合う環境と時間が格段に増え、楽しく感じられる時間も増えたのですが、

仕事をしないで家に居ると罪悪感を感じ時間ばかりが気になってる自分に何度も出会いました。

ただ、感じるたびに力が抜けていくような今ままでと少し違う感覚も感じつつ・・。

FH000014_convert_20140116012145.jpg








液晶テレビ

息子がプレゼントしてくれた液晶テレビが届いたー。

今まで台所テーブルの上に置いてた小さなブラウン管テレビを片すと、テーブルの上が少し広くなった。

今どきブラウン管テレビ?!で、これまでも不都合なことは特になかったけれど

借りてきた映画が大きな画面で観れるようになるのは、やはりうれしい。

そして何より息子の気持ちがね♡



”時は流れない”

好きな本のひとつに「博士の愛した数式」(小川洋子著)という小説があって

つい最近、これの映画があることを知ってDVDを借りて観ましたー。

交通事故が原因で90分しか記憶が持たない博士と家政婦親子の物語。

原作と多少の違いはあるけど映画版もやはり胸にジ~ンと温かく・・。

過去でも未来でもなく時の長さでもない「今ここ」の幸せに一緒に同調してました。

幸せのカタチ




オニ3。オニ2。

<オニ3>
鬼写C

始めは”オニ”のイメージが膨らまなくてどうしようかと思ってました。
本当は今年から作りたいものに専念しようと思っていた矢先だったので
「面白いかもっ・・」と少し思ったけれど、これはまたひとつ抱え込む状況を作ってしまったのではとも・・。
日常は年明けから今まで溜まってた諸々の作業満載でスタートー予定のない日はオニオニオニ
ところが意外にも・・一日中こんな事を思いながらいられる状況って何だか幸せだなって感じました。



<オニ2>
鬼絵A

これは、暮れにブログに掲載した最初の<オニ1>スケッチのイメージ完成形ー。
年明けからやりたかった箱もの製作とオニの2つを別々に考えていたら
発想が拡がるどころか時間だけがが過ぎていく感があって
今ここに一緒にあるものとして捉えてみることに・・私の中では繋がりました。
箱作りとオニと色々・・<オニ3>はこの後、オニ芽を取ってポテトサラダに変身ー。



思い切っていこう

我が家の収納スペースは部屋の間取りに準じて一間半ばかりー。

昨年の後半から仕事の合間に少しずつ部屋の整理を始めたけれど

これ以上どう整理したらいいかと思う時があってそのままにしてました。

今日は一日外出せずに家に居たら、胃の辺りがモカモカと気が淀んでる。

部屋を見渡しながら「あ~これだ、これだ」と気が付いてお尻に火がついてます。

澱み





その先にあるもの

確かな時

イメージの中にひとつの青写真が見えてくる。

それを表に出そうとすると少しづつ消えていく感覚ー。

話すことも作ることも多分同じところから来ている。

実践を通して経験を積む、時の長さではなく。

それは私が避けてきたこと、そして望んでいたこと。





故障

昨日はパソコンの調子が悪くネットに繋がりにくくなってました。

昨年暮れのiphoneの故障の時もそうだったけど

今回の電気系統の故障も感情の揺れに影響してるようです。

そう言えば昨年のちょうど誕生日にもパソコンが故障して修理に出してました。

もっと内側の自分と深くつながるように・・そんな気がしています。

拡がるネ



あけましておめでとうございます

静観する

毎年新年は夫の実家にて過ごします。

昨年は義母のアルツハイマー発症と体調の悪化で大変な時期がありましたが

後半はすっかり体調も戻り、発症したとはいえ落ち着いた状況でお正月を迎えられたのが何よりです。

不思議と会えば心が通い合う一瞬を何度も感じるようになりました。

そしてこの先自分が選択すること、しないことを確認したお正月でもありました。