安堵

iphone6
iphone6

昨日(一昨日)おかあさんの手術が無事終わりました。
これから先の事を念頭に置きながらも
先ずは安堵です。

執刀医の先生によると
脚の筋力がほとんどなかったらしい。
これはよろけた時に
お尻から転んだからよかったものの
場合によっては頭を打っていた可能性もある訳で
しかもグループホームだったから対処が出来たけど
もしあのまま自宅で転んでいたら
かなり厳しい状態に陥っていたとも考えられるんです。

確かに高齢者の骨折は命に関わる事態だったりします。
身近な事例からも統計からも知ってはいるのですが
そういう結果が今ここにある訳ではなく

だから私たちは今出来る事に
ベストを尽くすだけだなと実感します。

おかあさんは今日(昨日)から
骨が安定して歩行訓練が始まるまでの
車イスに乗る訓練が始まります。





怒涛の3日間

ipione6
iphone6


夫の実家から帰った翌日
お世話になってるグループホームから
義母が転んで動かせない状態との連絡があり
仕事休みが取れた夫と一緒にとんぼ返りで実家へー。

レントゲン撮影の結果
大腿骨骨折で入院、来週早々に手術となりました。

アルツハイマー型認知症の義母の状態は
9月に入ってから徐々に怒りのエネルギーを放出し
シルバーウィークをピークに
急速に収まった矢先の骨折でした。

病院に行きたくないと強固な義母の
周囲に向ける攻撃的な怒りのエネルギーは
手を握った時の握力の強さにも表れていて
小さな手のどこからこんな力が出るのだろうと思ったほどです。

本人の承諾がなければ
例え骨折していても救急車で運ぶことは難しく
身内が一緒でも反抗的な態度の患者さんでは
受け入れ先が中々見つからないという状況の中
救急隊の方々が根気強く受け入れ先を探してくれた時には
もう日が暮れていました。
仕事とは言え、一貫して義母や私たちへの扱い方に誠意が感じられ
ありがたい思いでした。

救急車に同乗してくれたホーム長さんには
報告書への記入後も病院に残り
義母が病室で落ち着くまで見届けて下さったり

受け入れ先の病院では
痛いと叫ぶ義母への手早い処置や
食の細い義母への担当看護師さんの細やかな配慮、
質問に対する夫と私への誠実な対応など
小さな事なのですが、
大きな病院は今だに苦手な私にとって
そんな人との関わりがありがたいと感じられたのは収穫でした。

娘の事以来、今だに
病院や施設(この場合はグループホーム)に対する拒否感が強かったようで
関わると悪い方向に行くんではないかという判断からくる恐れなど
そこに従事する人たちへの不信感が払拭されていなかったのも
今回のことがあって分かりました。

なぜ今なのかは
日常に照らし合わせると色々言葉も出てきますが、
まとまらなくなりそうなので…。


痛いのを我慢して
行きたくないと強固な態度の義母の姿が
意識の上での自分とかぶりました。
怖くてとても不安だったろうなぁと思うのです。

退院まで約4週間程の予定です。





実験中

iphone6

私にピッタリの面白い情報が入ってきたので実験中ー。
これは玄米が水の中で芽を出してるところです。

それに付随して他にも試してみたい実験が
この後も色々出てきたので
経過をブログで紹介したいと思います。




シネレンズゥ〜

OM-3
OlympusOM-3

カメラ好きの仲間内では
只今シネレンズが旬を迎えています。

うん、確かに植物のホンワリとした写りが何ともステキです。
私も好みだなぁ。
それにレンズを付けた全体ミニチュアボディな感じも
魅力的なんですよね。

そんな仲間内でのシネレンズトークを聞きながら
心が少しザワザワと動きます。

やっぱり羨ましいよなぁ…と思う自分がいるんですよ。
ただ自分がエネルギー分散方向になる傾向にある事を思えば
自分にとって必要な事は
まず今は一つの事にじっくり取り組む事だなぁという結論にー。

師匠のMizzyも言ってたように
自分の意志で「あえて買わない」という選択は
自分の内側を観察するいい機会だなぁと思います。

そう言えばオルゴナイトの時がそうだったなぁと思い出しました。
(今は手元にあります)
ここ最近の事で言えば
先ずは自分の本意を知っていく過程にいるのでしょうね。


(それにしてもクラッシックカメラは見惚れますね。
写真はシネレンズと関係ありませんが、友人の美しいカメラをパチリの図)





ミニトマト

iphone6
iphone6


今日も秋晴れー。
ベランダの植物たちも陽を浴びて
光の中でキラキラしてます。

こちらは我が家のミニトマト✨
後ろの棒で実がついて重くなった茎を支えています。
下に開いた葉っぱはほとんど枯れて落ちました。
実に栄養を与えるために
自ら葉を枯らし落とすのだなと思った時は
ちょっと感動しました。

実になる茎の部分は他の葉っぱ部分に比べて
とっても固いんです。
そして実にならず枯れてしまった茎の部分も
そのまましっかりと残っています。
自然の在り方ってすごいなぁ。
改めてそう思ったのでした。

さて、今日はこれからワークです。
行ってきます。




支出計算

OM-3
OlympusOM-3


今までも家の支出は把握してるつもりだったけど
ここ8日間ほど全ての細かな支出計算をするだけでも
今まで見えてこなかったものが見えてくるんだなぁと。

「支出をしっかりと押さえる(きっちりと把握する)」

やってこなかった訳ではないけど
支出が痛くて収入の方に意識の比重が向いてました。
当たり前と言えばそれまでですが
その日は違って聞こえたのよね。
私の中で師匠Mizzyのアドバイスが
カチッとはまったのでした。

税金やローンや返済金、光熱費通信費、家賃等々の
大きな支出以外は、レシートを集めて1年に1回
月別に算出するだけだったのが
毎日ノートにその日の収支を記入しながら
その日の気になることや出来事も書き込んでます。

家計簿をつけるのは苦手というより好きなことじゃなかったし
今までも付けたことは何度かあったけど、
ほとんど10日坊主ー。
その頃から何かをやってる自分でいたかったので
やり始めは、家計簿付けて意味のあることやってますよ的な感じで💦
これでは続きませんね。

あれから随分経ちましたー。
今回のことがあってから
自分の意識の在り方があの頃とは大きくとは言えませんが
少なくとも意識が定まらず
つかみどころのない自分ではないなと感じられたことも
よかったなと思いました。

支出を細かく観察してみると
例え出ていくお金であっても
計算していく過程は結構楽しいものというのが実感です。
逆にそこが見えてなかったようで
自分は支払うことも実は楽しいと思ってたんです。
ところが自分のところに入ってくるお金は限られてると思ってるから
(そういう事にしてるんだろうな)
使う事への罪悪感もあって
楽しいと思ってはいけない方向に意識が働き
使うのが楽しいのに使ってはいけない方向に意識は向いてました。

もしお金をたくさん持ってたら…と想像します。
もしかしたらお金への感謝も薄く
好きなものをいっぱい買ったものの
要らなくなっても「もったいない」と手放さず
飽和状態ギリギリまで頑張っちゃうかもと想像しました。

そんな状態では
自分が一体何をしたいかも見えてきませんね。

支出の計算をすることで
ようやく奥で眠ってたものが重い腰を上げてゾロゾロと
陽の目を見たいと這い出てきているように思われます。









三拍子

OM-3
OlympusOM-3


娘の仕事先の社長さんから秋サンマを頂きました。
そして同時に夫の知り合いからスダチが届きました。
おっ、大根も買ったばかりー。

うれしいグッドタイミング♫

三拍子揃ったところで
頂きものの先にある繋がりに感謝しながらの晩御飯。

何気ない日常の豊かな時間が
うれしいです。







混沌

OM-3
OlympusOM-3


地球上で起こってる混沌が
自分の内側の混沌とリンクして
少し重苦しい1日です。





OM-3
OlympusOM-3


今年は色んな場所で
実のなっている木を見つけました。
遭遇すると喜びの周波数がグ〜ンと上がりますね。

友人から買い受けた
ベランダのミニトマトも遅ればせながら
なんとか小さな実を付けてくれました。
Ryokoんちのミニトマトも実がついたようで
うれしさ倍増です。

見るたびにかわいい🎵
朝一の楽しみでもあります。

ちなみに写真は実を一杯つけた銀杏の木です。




経験坂

OlympusOM-3
OlympusOM-3

ある意味、
登り始めたばかりです。