どこにでもある

Fuji
FujhfilmX-M1fujinon16-50

判断がないと
どんなところからも学べる。
たとえあったとしても学びはある。

タイミングだなぁと思うけど
今日はBSで放映されてた
普段進んで見ないタイプの映画を
見ていてそう思いました。

最近そんなことが増えてるかも。





封印

前回、夫の実家の押入れと
開かずの天袋を大掃除したのは大正解。

以前とは家の中の空気感の違いが
顕著でした。

前回行った時
開かずの天袋の奥からは
お義父さんの一時代を支えてくれた
トロンボーンがケースに入って見つかり
再び表に出てくるのを
待っていたかのようでした。

ずっと身近にあって
でも手の届きづらい場所に
封印されていたように思えて
本当のところは分からないけれど
伝え聞いてきたお義父さんの思いと
リンクしました。




その後

OM-3
OlympusOM-3


今日はこれから夫の実家です。
前回の開かずの間だった
押入れ大掃除後の空間で
何を感じるでしょうか。




曖昧ではなく

自分が自分の選択をしていく時
自分の方向性が明確じゃないと
いつまでたっても望む答は見つからない。
今までそんな経験をいくつもして来たけれど
やはり望みは自分のハラが感じた通りに生きること。







シェア会

Fuji
FujifilmX-M1fujinon16-50


どんな自分に向き合う時も
みんなひとり。

でもそれを支え合う仲間がいるから
切磋琢磨しながら確認し合いながら
前に進んでいく勇気をもらえます。

とてもありがたいことだと
改めて思いました。

今日のシェア会も
みんなありがとう。






サイクル

Fuji
FujifilmX-M1fujinon16-50


自由な自分でいる事を望んでいるのに
安定志向の自分もいて
そこにとどまっていると
過ごす時間の密度は薄く感じられ
後から焦りも生じてきます。
この感覚はずっと苦手でした。












お酒を飲むことについて
考えていました。

嫌悪感と開放感(良くも悪くも)

やはりお酒を飲むことに
どこかで抵抗感を感じてますね。
私自身は気が向いたら食前に
ビール一杯ワイン一杯程度ですが
どこかに緊張感もあるようです。
崩れてはいけない、
そんな自分を見られたくないという…。

飲み過ぎて自分自身を
コントロール出来ない状態の人を
だらしがないと見下してる自分がいます。

周りの人に迷惑をかけたり
不快な思いをさせたりで
どうしようもないなぁ、
関わりたくないなぁ、と思っています。

今まで当たり前すぎて…
改めて考えてみると
なるほど出てきますね。




















スコッチ

Fuji
FujifilmX-M1fujinon16-50


お酒飲みでもないのに
とても惹かれて買ってしまいました。
スコットランドのお酒ー。
お酒というより瓶を含む全体の雰囲気に惹かれて…

でもまさかお酒って進んで飲むわけでもないのに
全体の雰囲気が気に入ったからといって
買ったりはしないよね…しかもサイズの割にはちょっと高い。
アタマとハラが葛藤してて

それでも気になるからしばらくジッと眺めて
帰ってきたつい最近。。
今日買い物ついでに再び売り場で♡

やはり気になるので買ってきました。
それにしてもハラは何を言い出すか分からない…。

調べてみると
薬っぽい味がするらしい。
んつ?!楽しみ?!







メリーゴーランド

Fuji
FujifilmX-M1fujinon16-50


あの頃の私に愛を送ろう。








光線漏れ

Fuji
FujifilmX-M1fujinon16-50


水槽の中の小さな魚の群れを
指さす女性の写真です。
ちょうど編成を変えて大きく広がった時の様子が
とても美しくダイナミックで
思わず後ろから撮ってみましたが
残念なことに写ってませんでした。


残念と言えば…
初めての蛇腹カメラで撮った写真は
ほとんどが露光してたことを
少し前のブログで書いたばかりでしたが
失敗を踏まえて撮った2本目、
又しても光線漏れでプリントならず。

現像代1264円也。
残念っす。

フタが完全にハマってなかったのが
原因だという事がカメラをいじっていて
今日分かりました。

ハマった状態はこれだったのか!という感じ。
ずっとフタの緩い状態で使っていたみたいです。
原因が分かってスッキリ。

今日の午後は蛇腹カメラとコミュニケーション
色々とスムーズに行かなかったおかげで
おそるおそるだった蛇腹くんとの距離が
グンと縮まりました。