臨む

Iphone6 iphone6「潤」


最近の決定事項は特に
覚悟して臨む事が増えた。

象徴としての捉え方をすると
周りに統合したいものが見える、というか、
統合出来てないものが見えるという話。

否定的になればなるほど
パニックになりそうだけど
肯定的視点も同時にあるのが
分かったりする今だったり
そうでなかったり。

ぶれないように
より意識的に、と
言い聞かせる。












手仕事

iphone6 iphone6「記憶」


長年使ってきた針刺しを
新しいものにしたいと思い
北海道に行く前に生地を選んでおいた。

亡くなった母方の祖母が
使ってた帯?!の生地。
合わせの台は母作の大きめなお猪口?!
手の込んだ作品ではないけれど
親子3代の合作になった。

実家でも手先の器用な母が
時々古い着物や頂き物の着物などを解いて
目が疲れるとボヤきながらも
やはりチクチクやっている。
縫い物もエネルギー使うし年齢とのバランス考えてね。

実は本来、家族の中でも
楽しいことに一番歯止めが効かないのは
母なのではないかと思っている。
ホントに好奇心旺盛。

今回思うところあり
使っていない生地を少し分けてもらって
持ち帰ってきた。
正絹や紬など好きな感じのものばかりが
揃ったので何だかうれしい。

こっちに帰ってきてから早速
事前に起こしておいた型紙をあてて
バック インとしても使えるような
数奇屋袋をひとつこしらえてみた。
ついでに虫眼鏡ケースもリハビリ兼ねてー。





澱まない内に

iphone6 iphone6 「朝焼け」


北海道での最終日ー。

心に決めたことがあって
その中の幾つ達成できるかは
今の時点では分からないし
自分の創造性の先にあるものを
どれだけ信頼して自分自身が選んで行けるか…。
ただどれもが同じライン上にあると
思えるのは少し心強いです。

家族の状況と照らし合わせても
今は岐路に立ってるなぁと感じます。

先ずは
今ここに差し出されているものを
信じることから始めよう。




iphone6 iphone6 「彩」


どこへ行っても
そこで見るものは
自分の反映だったり
象徴だったり。

故郷の街も
周りの街を含めて俯瞰した時
これも自分の内側の
心象風景として感じられました。





帰京

iphone6 iphone6「根性ばえ」


北海道から帰って来ました。
8泊11日の里帰り。

実家へ行くのが4年振り…。
今まで実家に帰って
そこに意識を向けた事がほとんどなかったけど
自分自身の波動調整に3日ほど、
結構時間がかかりました。

父が亡くなって
来年の13回忌に行く予定にはしてたのですが
思いもよらぬ義弟からの申し出があり
今回は初めてのお盆帰省です。

毎年お盆の時期は夫の実家に行き
義父母含めた家族とのお墓まいりが通常のお盆休みー。
なので、この時期の里帰りは
いつもと少し違う感覚でした。

今回の里帰りは
シンクロも含め、家族やそこに関わる
見えない存在たちのサポートを受けて
成り立ってるのだと感じられました。
キッカケをくれた義弟には感謝です。

私も受け取ってきたものを
形にして行こう。

という思いと共に
待った無しで動かないと
後がない状況です。







抜ける

iphone6 iphone6 「かぜ」


8月に入ってからの
体調不良と気分の落ち込みは
今回の台風の通過と共に軽くなったのか

昨日の夜に
ここ数日間の不調が
切り替わった様にスッと抜けた。

この間は
頭も今ひとつ働かず
気力も落ちて
自分自身がどこに居るのかが
見えない感じもして
結構参ってた。

思い返すと
いつもと違う空間にいたような?

抜けて何とか
自分自身が戻ってきた感じ。









暑中お見舞申し上げます

FujifilmXM-1 FujifilmXM-1「感覚」



蒸し暑い日々が続きます。

今年の夏は
北海道に帰ります。

3年振りになるのかな?!