選択すること

最近、何かを”選ぶ”ことに対して、
私はとても臆病だってことに気づきました。
こわい・・に近いみたいです。

思い返すと
今までもずっと”選ぶ”ことが苦手でした。
いつもすぐに決まらないことが多くて迷ってしまいます。
迷うからすぐに思考に切り替わるし、判断を使って答えを出します。

でも出した答えは自分の心の声ではありません。
だから何かの拍子ですぐに逆に転じたり、
これでいいのかと不安になったりします。
そういう時はどっちを選んでも心から喜べません。

そうか・・私は喜びが多いと思ってる方を選ぼうとしてるんだね。
それだけ私は自分の中に喜びが足りないと感じてるんだ。
私の選択するものは喜びが少ないと思ってる。
私の選択するものはつまらないものだと思ってる。
だからあっちもこっちも、本当はどっちも手に入れたいと思ってたんだね。
けど、そんな欲張りで傲慢な自分を感じたくなかったんだ・・。

私が強い人(はっきりとした意志を持ちそれを表現、選択できる人)に
魅かれながら、時にはそれを傲慢と感じ怒りを覚えるのは、
なるほどそういうことだね。

今これを感じてるのは、
まだ実感が薄いけど、自分の中に現実創造の喜びが少しずつ起こってて
意識の変化を感じ始めているからかな・・。
だとすると前日のブログに書いたことは、
選択する恐れから自分を解放する為に起こったこと?!

しっかりと感じよう。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する