現実



一生懸命(ガマンして)働いたお金に価値がある、
楽してはお金は入らない等々…

ここに来て、
そう容易には手に入れられないものという観念が
そう簡単には書き換えられていなかったんだと痛感します。

お金の流れを意識してきたつもりが、
もしかしてフタをしてきたのかな、なんて思うと悲しくなりますが
昨年の今頃、仕事をする事が本来の目的から外れかかり
本末転倒になりかかったところで気づいたことを思い出しました。

あれから自分の中では確かに仕事に対する意識の変化がありました。

書きながら思うのですが、
ここ最近のお金の収支がアンバランスなのは
心と行動のバランスの悪さが原因かも知れません。

そして何を信じるかという事の結果を通して
自分自身がどうして行きたいのかという局面に立たされる現実を創っていると感じます。
確信するまで何度でも。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する