感謝

葉祥明美術館
昨日は邦楽のライブに招待されて北鎌倉まで行って来ました。
鎌倉は好きな場所。ついでにどこかに寄りたいと思い
家を早目に出てお寺の近くにある「葉祥明美術館」に行って来ました。
この日は色々と感じる事が多く、
特に自分の意識の変化を感じたうれしい一日になりました。

私の中で邦楽は古い音楽のひとつで退屈なものだと思っていましたが
この日は、今までとはまったく違う感覚で音が身体に響いてきました。
私の固定概念の中にあった邦楽としての尺八や三味線の音ではなく、
楽器が奏でる音そのものとして聴けている自分に気づいて
退屈どころかとても豊かな気持ちになりました。
今までも何度か聴けるチャンスはあったのですが、
了見の狭さから邦楽は退屈な音楽として扱っていたので
聴きに行く事はありませんでした。

葉祥明さんは、私の中で色使いの綺麗な
メルヘンチックな絵本作家という認識しかなかったのですが、
今まで私は何を見てそう思っていたのかを見直す
いい機会になりました。
そして葉祥明さんはとても素敵な画家であり詩人でした。
葉さんは言葉をとても大切にしていて、
絵を描く前に詩があるというあり方に共感して胸が熱くなりました。

自分の中の判断に基づく物の見方が、
どれだけ自分の見える世界を狭くしていたのかを感じた日でもあり
この機会を与えてくれた夫に感謝しました。
このような見方が出来たのもまた
今の私に関わってくれるワークの師匠やMIEKO
仲間たちがのお陰だと感じています。






関連記事

コメント

Mayumi♡

葉祥明美術館、熊本?にしかないのかと思っていました。今度是非行ってみようと思います。

それほどたくさんではないのですが、私も絵本を読んだことがあって、大好きです。

詩も絵もとても優しく、そしてメッセージがたくさん入っていますよね~。

2012/11/13 (Tue) 00:27 | harumi #- | URL | 編集

Harumi☆

そうなんです。心に響くメッセージがたくさんありました。
美術館はとても静かな落ち着いた場所にあります。
私もまた来たいと思いました。

2012/11/13 (Tue) 13:37 | ピリカ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する