紙一重

OM-3
Olympus OM-3


8月9日ー。
TVで観てた長崎市長の平和宣言が
耳の奥へと静かに拡がっていきました。

今日は平和への誓いとともに
特に好きな事をしている時に
意識的でいることを心掛けるというのが自分への課題でした。

今日は、自分の内側が滞る原因になっているお金への不安を
その都度、受け入れる事を繰り返しました。
お金そのものではなく支払いが出来ない自分に対する
恐れというところなのですが。

やはりお金に対する不安は日常生活の中に
常にベースにあることを
今日、外出した時に確信しました。
今の自分に対しての不安や焦りが
モクモクと出てきて
「あ〜これこれ!」(ミッチーありがとう)

あったことは知ってたけれど
しっかりとベースになってるとは…
ちょっと悲しい気持ちです。と同時に
ベースになってることがハッキリしたことで
少し安心もしました。

お金は支払うものー。
お金は返すものー。
でも私には支払えないかもしれない。
返せないかも知れないという不安や恐れが
私のお金に対する意識の在り方だったようで

逆にお金が入る事には
期待はあっても
あまり希望を感じてない事にも気づきました。
今更ながらオドロキで…

入ってくるよりも
入ってこないかも知れない、
という思いの方が強かったとはー。

突き詰めていくと
自分に対する無価値観から来てるんですね。

そして好きな事に集中してるか
逃避してるかは紙一重でした。
なるほど納得です。







関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する