支出計算

OM-3
OlympusOM-3


今までも家の支出は把握してるつもりだったけど
ここ8日間ほど全ての細かな支出計算をするだけでも
今まで見えてこなかったものが見えてくるんだなぁと。

「支出をしっかりと押さえる(きっちりと把握する)」

やってこなかった訳ではないけど
支出が痛くて収入の方に意識の比重が向いてました。
当たり前と言えばそれまでですが
その日は違って聞こえたのよね。
私の中で師匠Mizzyのアドバイスが
カチッとはまったのでした。

税金やローンや返済金、光熱費通信費、家賃等々の
大きな支出以外は、レシートを集めて1年に1回
月別に算出するだけだったのが
毎日ノートにその日の収支を記入しながら
その日の気になることや出来事も書き込んでます。

家計簿をつけるのは苦手というより好きなことじゃなかったし
今までも付けたことは何度かあったけど、
ほとんど10日坊主ー。
その頃から何かをやってる自分でいたかったので
やり始めは、家計簿付けて意味のあることやってますよ的な感じで💦
これでは続きませんね。

あれから随分経ちましたー。
今回のことがあってから
自分の意識の在り方があの頃とは大きくとは言えませんが
少なくとも意識が定まらず
つかみどころのない自分ではないなと感じられたことも
よかったなと思いました。

支出を細かく観察してみると
例え出ていくお金であっても
計算していく過程は結構楽しいものというのが実感です。
逆にそこが見えてなかったようで
自分は支払うことも実は楽しいと思ってたんです。
ところが自分のところに入ってくるお金は限られてると思ってるから
(そういう事にしてるんだろうな)
使う事への罪悪感もあって
楽しいと思ってはいけない方向に意識が働き
使うのが楽しいのに使ってはいけない方向に意識は向いてました。

もしお金をたくさん持ってたら…と想像します。
もしかしたらお金への感謝も薄く
好きなものをいっぱい買ったものの
要らなくなっても「もったいない」と手放さず
飽和状態ギリギリまで頑張っちゃうかもと想像しました。

そんな状態では
自分が一体何をしたいかも見えてきませんね。

支出の計算をすることで
ようやく奥で眠ってたものが重い腰を上げてゾロゾロと
陽の目を見たいと這い出てきているように思われます。









関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する