身体の感覚

OM-3
OlympusOM-3


部屋の出入り口でそばにあった布団につまずき
転んだついでに左膝を床につき
ちょっとばかり擦りむいた。

大したことないだろうと思ってたけど
打撲は身体へのダメージが結構大きいらしい。

しばらく膝の力が抜けたような身体の感覚が続き
夕方あたりに普通にしてるのが辛くなった。
少し前に帰宅してた夫とあと少しで晩御飯のところだったけど
声をかけてしばらく部屋に引っ込んだ。

膝に力が入らないようなガクガクした感じ…
これは腹に力が入らない状態だなってことを
身体の感覚から感じられたんだけど
途端に不安が押し寄せてきた。

その時、腹に力が入らないって
とっても不安を感じる事なんだと思った。

心の緊張が取れてひとしきり泣いたら
足全体に気が戻ってきたのが分かった。

やはり腹の力はとっても大事だ。

今自分がやっている事の意味がようやく理解出来たし
何より納得出来た。

今朝、ふとしたことで気がついた事から
あえてそうしてみようと決めた事がある。
上手くいくかは分からないけど。
でも今日起きた事はそれを裏付る為の
出来事だったのかも知れないなと思った。

それは自由と制限と時間についてなんだけど
又、次回に書いてみようと思う。



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する