超集中状態

(前の記事からの続き)

試合後の2人のインタビュー記事にあった
「19対19からは何も覚えていない。ただ無心でプレーした。」
「ラリーや、駆け引きが楽しくて仕方なかった。」という
周囲から見れば大ピンチに見える場面ですが
それぞれが無意識状態とリラックス状態にあったそうです。

それは「ゾーン」という超集中状態にあると言われていて
スポーツ選手の記事で時々目にする話でしたが
ちょっと想像してみると
その中に入っている時って
そこには時間の概念や勝敗の有無も存在しないんだろうな…
なんて事を思いました。

このゾーンという超集中状態は
深い瞑想状態(ガンマ派)でも入る事が出来るというし、
時間を忘れて自分の好きなことに没頭している時も
ガンマ派に近い状態というのを知って

日常に増やしていきたいこの状態、
と思いました。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する