瞬間を動かすには

FUJI X-M1 FujifilmX-M1


つい先日…

目的の物を購入しようとして
探しに出たはいいけど
お店を何店舗か回って見つからず
家に着いた頃には
すっかり暗くなっていました。

今日は一体何だったんだろう…と
ちょっと虚しい気持ちになりましたが
思い返して分かったのは
自然の流れできていた最初の購入ルートを
"一旦置いて考えてみる"にした事で
いつもの思考ルートが働いて
流れが掴めなくなってしまったのでした。

どの時のどの瞬間が
自分自身をスムーズに動かすタイミングだったのかを
振り返る1日になりました。

…かと思えば
次の日はとても楽しく充実した1日を過ごしました。

何気ない日常のひとコマから
小さなシンクロが立て続きに起きて
私が外出先から家に帰った後も
その波動は家族に拡がって
しばらくみんなで大いに楽しみました。

前の日との違い…

楽しかったこの日は
考えて答えを出すよりも早く
一瞬湧いたイメージに準じて
スグに動きに転じた自分がいたことが分かります。
そこから展開していった
ひとつひとつの出来事が
自分自身にとっては印象的な1日でした。

シンクロが起こるキッカケになった
動きの前の意識はどう動いだのだろうと思い返してみると
ただその感覚に素直に従っただけなのですが
その一瞬の内側で発生してたのは
小さくて気付かないような
好奇心だったように感じています。

分かりやすい好奇心は動かしやすいけど
日常の何気ないひとコマにあるような
顕在意識の奥にある様な小さな好奇心は
ほんの一瞬気づいても
それを拾ったところで
頭が小さな防御反応を働かせ
いつものパターンに落ち着いてしまったり
取るに足らないものに感じたり
今まで見過ごしてきた好奇心が
たくさんあったんだろうと
感じています。

不本意な前日があったから
次の日との違いに意識が向き、
比較を通して大事なポイントに気づけるのだと
振り返って始めてそう思えました。
そういう意味でも
過ごした時間が2日間セットで
充実していたと感じられました。

どこにいても、どんな場面でも
そこにある好奇心を素直に動かす事が出来れば
日常はより豊かに感じられる。

そんなことを思ってます。





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する