その後の効果

タツノオトシゴ

師匠の波動空間セラピー体験のその後ですが・・

その日、家で晩ご飯を食べた後にものすごく眠くなり・・。
でも頼まれた作業が少し残っているので
娘に「30分したら声かけてね」とお願いして仮眠に入りました。

ところが私が目覚めたのは仮眠をした場所ではなく自分の布団の中-。
しかも時は朝ー。服は昨日の服を着たままです。
そのまま寝てしまったのです。
いつ自分の布団に入ったのだろう・・。
寝ぼけているという範囲なら、それくらいの事はありそうなのですが。

娘に昨日の事を聞いてみました。
驚いた事に私は仮眠から起きて作業をしたらしいのです。
(隣の部屋の布団の移動なのですが)
そしてトイレに入り、テーブルの上の片づけをしてイスに座り、
テレビを少し見たところで思いっきり船を漕ぎ出したかと思うと
「ねむい。もうだめだ!」と言って布団に入ったというのですが・・。

実はほとんど覚えていないのです。
私、大丈夫なんだろうか・・。こんなことは初めてです。
「とにかく眠い」日がここ最近続いてはいましたが
さすがに目を覚ました時の記憶がないなんてことはありません。

一生懸命思い出そうとすれば、何だか断片的にでも
そんな事があったような気がしてくるのですが
全くさだかではありません。
やはり多分ほとんど記憶にないのです。

どういうことなのかな!?
身体は日常のいつもの動きに対応しているけれど
意識の方はどこかに行っちゃってるんでしょうか・・。

それだけ身体が!?意識が?!休息出来たからなのか
目覚めはいい感じでした(^^♪
最近気になっていた狭い部屋のレイアウトイメージが
目覚める少し前に割とリアルに浮かんできて、
意識がその瞬間からアクティブな方向性になってる感覚です。
「やる気が起こる」と言う感じでしょうか。

何度か波動空間セラピーを体験して感じるのは
意識が自分の本質と繋がりやすくなるために
必要な情報を自分の内側から
受け取りやすくなるなってるのかもしれないという事です。
それがやる気に繋がり
情熱に変化していくプロセスかなと思います。

能動的に動ける自分は楽しい。
これに尽きます。

それにしても記憶がないのは気になる~。






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する