時間と空間の錯覚

Fuji
FujifilmX-M1 fujinon16-50


バスを待っている間に
車が次々と目の前を通り過ぎていきます。
予定時刻を大幅に越して
まだバスが来ない事に少しイライラし始めました。
聞いたことはあるけれど
これは間引き運転をしていると予想される。

さっきコンビニに寄らなかったら
目の前で行ってしまったバスに乗れたのにと
一瞬でも考えてしまう今の自分。
まぁそう思ったのだから仕方ないなぁと
空を見上げると雲のない青い空を
銀色に光る飛行機が小さくゆっくりと動いてました。

地上から見ると飛行機とはいえ
なんて動きが遅いんだろうと思いながら
行く先を目で追っていたら、あれっ?!

目の前の車の方があの飛行機よりも
同じ距離を早く過ぎていくように感じてしまう
時間と空間の錯覚。

あの飛行機に乗った時の自分が見てる景色は
少し意識を拡大した時の
自分の視点のようなものだなぁと思いました。
そして飛行機のその上に拡がる世界はまだ
ずっと続いてるんだなぁと。

そんな事を実感した年の暮れのいっときです。






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する