初めての

Fuji
FujifilmX-M1 fujinon16-50


蛇腹カメラの試写に出かけて来ました。

友人の助けを借りつつも(今日はありがとう)
触るのがおそるおそるで…
どこかがポロッと取れないだろうか
壊しちゃうんじゃないか等々…。

あれっ?ピントが変わらないようだけど…と思ったら
ピントの合わせ窓じゃない窓をのぞいてた。
多分ピントが合わないままカシャリと数枚…。

それに6×9版のフイルム確認の赤窓が
3分の1ほど閉まらなくて
どうしてなのか分からないまま
とりあえず撮影ー。

その後フイルムを巻き上げて取り出した時
内側に合わせの指針が付いてたことに
気がついたー(^_^;)

やはりこれは完全に感光してるかも…

でもよいよい、
失敗から学んだのだった。
今日は少しMoskva5の扱いに慣れて
自分に馴染んだと思う。

次は6×6版で撮ってみよう。






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する