失敗体験

最近、言わば小さな失敗続きです。

今はそれを振り返る事で
それは失敗ではなかったという事を理解する、
という経験をここ何度もしています。

結局、結果は問題なしなのですが
その経過で起こるドタバタ劇が
自分に判断をしないとは
どういうことかを教えてくれています。

判断を挟まず
そこから過去の地点を振り返ると
どの時点の自分が今の展開を生み出したかが見えてきて
失敗を通して学ぶことの意味を理解します。

失敗が良い、悪いという二元的な視点ではなく
その体験を通して違う視点を養うという
視点の変換訓練のような経験を
しているのだと思いました。

失敗する事を必要以上に恐れて
その場から動けない動かない自分を
強固にしてきたことが
自分に対する怒りとして
圧縮されていたように感じています。











関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する